サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003 / 04 / 25 ( Fri )
北陵公园を見終えて、戻ってくる頃には夜に

宿(辽宁宾馆)から歩いて、近くの繁華街、太原街 ※1 へ。

そこは夜でもにぎやか。
たくさんの出店が、各ブースに明かりを付けて営業していた

靴や食べ物、服など軒を連ねてた。見てて楽しかったですね。
でも、何で堂々と下着が売られているんだろう・・・

レコード屋さんで、VCD ※2 やCDを何枚も買った。やっぱし安い
1枚30元前後(約450円)だせばまぁいいのが買える。

太原街からの帰り。
辽宁宾馆のまん前に、中山广场 ※3 という広場があり、そこでたくさんの中国人が
音楽かけて踊ってる

このとき、北京时间 ※4 午後8時過ぎ

何を踊ってるんだか・・・やはり中国の人たちって元気や。
仲間に入りたかったけど、疲れたので、見ながら部屋へ戻りました。


(次へ続く)

<音と意味>
※1 タイユアンジェ
※2 ウェイシーディー:Video CDの略称。中国語では「V」のヴの音がないため、ウェイと読むんでしょう。香港・台湾ではDVDが主流になってきてますが、中国大陸ではまだVCDのほうが主流だと思います。DVDはリージョンコードの関係で見れなかったら悲しいから。
※3 ヂョンシャンゴンユアン:ヂョンシャン(中山)とは孫文のもう一つの名前。革命の父だから、沈阳だけでなく、至る街の大きな広場はみな「中山广场」と名づけられてます。大连にもありました。
※4 ベイジンシージエン:中国は広いけど、北京での時間を標準時と定めてます。日本より1時間遅れ。ただ、新疆维吾尔自治区(シンジアンウェイウールヅージーチゥ:新疆ウイグル族自治区)の辺りでは非公式の新疆时间(シンジアンジエン)があって、北京時間より3-4時間遅れだそうな。

-関連記事-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト
20:06:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003 / 04 / 25 ( Fri )
九・一八纪念馆を出ても、まだ雨が降っていた。

雨の中、バスを乗り継いで次に向かったのは、北陵公园※1 という、沈阳市内最大の公園。

ここで、「陵」という字についてちょこっとご説明。
日本語でも「陵」は何の意味でしょう・・・

・・・正解は、そう、お墓。それもえらい人たちが葬られているお墓。
仁徳天皇陵(大阪にある仁徳天皇のお墓。古墳の中で最大の大きさだったかな??)とか、
多摩御陵(東京郊外の高尾にある昭和天皇のお墓)とか。

北陵公园内にあるのは、後金国の太宗、皇太极※2と皇后の陵墓(昭陵)

中国では皇帝のお墓周辺を公園などにして、観光名所にしてる。
このほかに、北京の明十三陵・清东陵(清朝の女傑・西太后の陵墓)や南京の明孝陵など。


(正門をくぐった後かな今となってはどこ見ても同じように見えてしまいます)

九・一八纪念馆を観覧してた時の雨が止み、公園入るとみんな凧揚げしてました。

中国は広いので公園も広い!!結構歩いた。
途中、下馬牌という石造りの門をくぐって、また、歩いて・・・
ちなみに、昔はココ下馬牌で馬に乗っている人は降りなければならなかったとか。
まずは皇后の陵墓・昭陵に到着。城壁のトンネルを何度かくぐり抜け、広いところに・・・。
トンネルの中から見える建物の画が面白くて、パチリ

広さといい、配置といい沈阳故宫に似ていた。
陵墓の周りは登れる城壁。登ると公園陵墓敷地内が見渡せて、壮快。


(広~い敷地をバックに)

ほんと、ずんずんと歩いて陵墓へ着いたけど・・・。

灰色の丘だった。

前に立てられてる建物や塔のほうがよいなぁと思ったのは私だけかなちょっとガッカリ

多摩御陵は石できれいに固められてるんだけどなぁ・・・

近づくとコンクリートで固められ柵で囲まれた丘で、周囲は草ぼうぼうだったもん。
公園内をパシャパシャと撮ってたしーぐぅの手もそこでストップ

でも、この周辺をゆっくりと周った。
ココに、清朝の礎を築いた人が眠っている。
三百年王朝を築いた人は今のこの中国の姿をどう見てるのだろうと思いながら・・・


(なんでこんなの撮ったんだろう


(龍の絵が欠けてたけど、まぁ気に入ったので頼んで撮ってもらった)

(次へ続く)

<音と意味>
※1 ベイリンゴンユエン。
※2 ホヮンタイジー:日本での表記はホンタイジ。後金国第2代皇帝。国号の後金は12世紀の女真族(満州族)王朝「金」に由来。
後金国建国者の太祖・爱新觉罗 弩尔哈齐(アイシンギョロ・ヌルハチ)の第8子。
諸制度を整え、国号を「大清」(最後の中国王朝)と改称。
(山川出版社 世界史用語集より)
ちなみにホンタイジの名は「皇太子」から来てるとか。皇太子は中国語読みでホヮンタイヅー、確かに似てますね。

-関連記事-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
15:05:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003 / 04 / 25 ( Fri )
なんだか、ほかのことばかり書いて最近は旅話がおろそかになってしまった・・・

丹东の翌日は、再び沈阳。沈阳の街は広いから、間あいだに他の都市を見に行ってという計画。

この日は、沈阳の市内観光。
北方には第2次世界大戦で日本の関東軍が非道なことをした場所がたくさん。
沈阳にもそういうのを忘れないように記念館があったので、まずそちらへ。

九・一八纪念馆※1という、1931年9月18日に日本関東軍が南満州鉄道を爆破した
柳条湖事件(中国では九・一八事変)についての展示物がある記念館。

敷地内には、忠灵祠石碑(中国に建てられた日本の靖国神社分社に建っていたもので、分社の旨が書かれている)や、柳条湖”九・一八”事変炸弾碑という日本軍が満州事変での軍功を誇示するために建てた爆弾型の記念碑が、

倒されて置いてあった。

国民感情のため、倒されたその姿のまま展示してるって感じ。
外の展示を見てるうちに雨が降ってきたので、内部の展示室へ。

今回の旅では場所柄が北方、しかも歴史的に日本人はイメージが悪いだろうと思い、
どこから来たかと尋ねられてもずぅっと韩国人と答えてた。
観光客でも変な目で見られるのは嫌だったし、留学時代のひとり旅で日本人だと答えると
笑われたのが癪だったのもある。

でも、そこは中国人・外国人問わず、住所と名前の記入が必須。
さすがに、名前とかまでごまかせないため、正直に書いたなぁ・・・。

ま、受付のおじさんは日本客人※2と言ってくれたけど。

記入を済ませ、中を入ると九・一八を忘れないために、日本関東軍がやったこと、戦時中の中国の対応などが写真や資料を通して事細かに展示されていた。

中国の展覧館は、通常中国語表記が多く、時折英語併記も見かけるけど、戦争についての展覧だし、日本人に見てもらいたいのか、日本語表記もされていた。

ほとんど日本語の説明見て回ったけど、中国語の説明と併せて見つつ、ただただ、唖然としたもんだ。

日本と中国での歴史認識にはズレや溝があって、この展示館だけで真実はこうだと言い切ってはいけないだろうけど、はっきり言えるのは、

「どんなことがあっても、戦争やったらアカン!!」てこと。

途中で内容のハードさにダレたりもしたけど、考えさせられた。

(次へ続く)

<音と意味>
※1 ジォウイーバージーニェングワン:中国では歴史的な出来事があった日付は忘れません。だから記念館も柳条湖事件が起きた日付を名前にしたんでしょう。ほかにも1919年5月4日、第一次世界大戦敗戦による日本からの対華二十一ヶ条廃棄要求拒否から起こった五・四運動や、最近では1989年6月4日の天安門事件もかなぁ。
※2 リーベンカーレン:日本のお客様。

-関連記事-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
11:43:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。