サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺西露天矿-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
戦争の爪あと、しかも残虐な爪あとをまざまざと見た後には、
この日一番の私の癒しの場所西露天(シールゥーティェンクヮン)。

抚顺の巨大な炭鉱だ。

平顶山惨案遗址からテクテク

線路を見つけて、そこをまたぐと…アリ地獄のように下がっていく段々畑みたいな風景。
そして、線路がいっぱい。

線路には「立入禁止」みたいな看板を見つけたけど、現地の人も入ってのんびりと
眺めていたんや、お構いなし。

だって、中国は何でもありなんやから。。。

夕方で霞んでたけど、夕焼けがきれいでぼぉ~~と見ていた。
心地よい風が気持ちよかった。


(ほんとに風が心地よかった)

ぼぉ~と荒涼とした線路しかない風景を眺めてると、眼下の向こうから汽車が走ってくる

いいねぇ

今、一番贅沢なことやってる感じだった。

中国の何にもないような場所でのんびり歩いたり、ぼぉ~~とするのが好きなのら

さっきまでの胸にずぅんと来た気持ちが収まった感じ。

この風景の中、持ってたインスタントカメラでマスクウーマンな姿を撮る。

帰国後、家族には「変なん撮ってきたなぁ」とあきれられたけど、ほんとにいい風景だった。

そして、またバスで上り下りの坂に揺られ、夕焼けの街を眺めながら、瀋陽へ戻った。


(次へ続く)

-関連記事-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 平顶山惨案遗址-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺战犯管理所-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺ぶらぶら-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺高尔山公园-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのお茶の味-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのバス車内にて-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト
17:42:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 平顶山惨案遗址-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
战犯管理所に続き、戦争の傷跡を訪ねた。
2年前に行った辽宁省は、旧・満洲国に近く、関東軍が暗躍していた場所。
そんな歴史に触れたくて行ったのだ。


戦時中の虐殺は、南京大虐殺だけではないようだ。
ここ、東北でもあった。
続きを読む
17:17:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺战犯管理所-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
ご飯と仕事上がりの時間だけはきっちりと守る中国の方のせいで、1時間半も抚顺をぶらぶらし、ようやく2時になり、抚顺战犯管理所(フーシュンヂャンファングァンリースゥオ)へ。

入場料払って、少しテクテクと入っていく。
昼間は電気をあまりつけないのか、少し暗く感じた。

この战犯管理所は、もとは日本の関東軍が反抗する中国人を換金するためにつくった監獄だったそうな。
それが、戦争で負けた戦犯が入ることになるとは・・・何と歴史の皮肉かな。

窓に格子、出入り口は鍵つきの柵、だったから心なしか肌寒く感じた。
窓の格子、柵をくぐりながら、収容された戦犯はどんな気持ちで毎日を送ったのかと
何ともいえない気持ちで考えてみた・・・

廊下も何か寒々とした印象が拭い切れないなか、中庭はお花が咲いてきれいだった。
農作業やひなたぼっこもしていたんだろうか・・・

战犯管理所へ行くまでは、戦犯は非人間的な扱いしか受けていなかったのではとばかり思っていたけど、見ていくとそうではないんだなという場所を見つけた。

まず、理髪室。
かっこいい髪形とまではいかなくても、その人に似合う髪形にしてあげてたんだなと少しほっとした。

しかし、再び寒々と感じる場所へ。
戦犯たちの部屋だ。
ガイドブックによると、抚顺の年間平均気温は6.6度、1月の平均気温はマイナス13.9度、
7月の平均気温は23.7度というから、冬は相当な寒さだったのではと想像してしまった。

この抚顺战犯管理所では、清朝最後の皇帝(ラストエンペラー)爱新觉罗 溥仪・弟の溥傑ともに収容されている。日本語でもその表示がされていた。

溥仪がいた部屋にテーブルにお碗が2つ。すみには布団。窓側に収容人数分のマグカップ。
弟にやってもらわないと服を着替えたり身の回りのことができなかったので、
弟と別の部屋にされたそうな。同じ部屋には清朝で召使のように扱っていた者たち。
最初は針の莚にいるようだったのかも。

歩いていくたびに色んなことを考えさせられる場所だった。

また、気持ちがほっとする場所が。

それは、ダンスホール。学芸会などが催されていたとか。

医務室では健康管理もされていただろうし、花壇では溥仪・溥傑はお花を育てて時には和んでいたこともあったのかなぁと想像してみたり。

ほんとにいろいろと考えさせられる場所だった。

(次へ続く)

-関連記事-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺ぶらぶら-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺高尔山公园-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのお茶の味-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのバス車内にて-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
15:31:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺ぶらぶら-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
お山な公園を見た後は、抚顺でのメイン観光の一つ(と自分で決めていた)、
抚顺战犯管理所 ※1 へ向かおうとしていた。

高尔山公园から出て、テクテク下れば到着

门票 ※2 買おうと、閉まってる受付をコンコン

受付嬢はちょうどお昼だったらしく(この時確か13時半)、パンを持ってモゴモゴ。

しーぐぅ(聞き取れなかったので大声で):什么??」 ※3

受付嬢现在是休息。两点半来!」 ※4

さすがは中国人。仕事がルーズでも、お昼休みはきっちりしてます。

この時点で1時半。時間潰すのちょっと大変だった(^^; あまり時間を潰すの上手ではないのら。

近くの市場や橋を歩いてぶらぶら。ホント、ただぶらぶらしていた。
ごちゃごちゃとした青空市場、新装開店準備の忙しい料理屋さん、沈阳とは雰囲気の違う町って
感じやった。

ぶらぶらするのも疲れてきた頃にやっとこさ、抚顺战犯管理所へ。


(次へ続く)

<音と意味>
※1 フーシュンヂャンファングァンリースゥオ
※2 メンピィャオ:入場券。「票」はチケット・切符のこと。票の前につく字でどのチケットか分かります。例えば、航空券は、飞机(フェイジー:飛行機)の票(チケット)で飞票(フェィピィャオ)。バスチケットや列車の切符は公共汽车(ゴンゴンチーチャー)・火车(フゥォチャー)の票(チケット)で车票(チャーピィャオ)。ま、「票」だけでも通じますが、分かりやすくするとこんな感じ。
※3 シェンマ??:ナニ??
※4 シェンザイシーシゥシ。リャンディエンバンライ:今はお昼時間だから、2時半においで。 「休息」は日本語と同じ意味だけど、ここでは意訳しておきます。お姉さん、パン食べながらモゴモゴ言ってたし。中国語の時刻の「~時」は「点(ディエン)」で表します。ただし、その時間ジャストなら「点钟(ディエンジョン)」。分は日本語と同じ「分(フェン)」。15分は「一刻(イーカァ)」、45分は「三刻(サンカァ)」ではなく、そのあと15分で次の時刻になるから「差~点一刻(チャー~ディエンイーカァ)」といいます。日本語に訳すと「~時15分前」ってなります。

-関連記事-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺高尔山公园-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのお茶の味-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのバス車内にて-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
14:53:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺高尔山公园-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
お茶でリラックスの後、向かった先は、高尔山公园 ※1

取り敢えず、茶艺馆を出て坂を下り、広い通りへ出た。
地図を見ながら、バス停を探し公園へ続く交差点で、信号待ちのおじさんに道を尋ねてみた。

しーぐぅ请问、汽车站在哪里??」 ※2

おじさん去哪里??」 ※3

しーぐぅ、地図上の高尔山公园を指す

おじさん不要坐汽车。一直走就好。 ※4

道から見えていた山のてっぺんが目的の公園だと教えてくれた。

しーぐぅは、昔から方向音痴でよく元カレから馬鹿にされていた。中国に行ってもそれは変わらず。でも、分からなかったら聞くしかないから聞いてます(^^;

途中の市場とか冷やかしながら公園到着。

入場券を買うときに、やはりマスクが目立つのか、おばさんに「どこから来た」と質問が。
韩国から」というと「韩国でも非典がはやっているのか」と。・・・どう答えたかな覚えていない。

お山な公園なので、結構歩いた。
遠くから見えていた塔まで遠かった・・・。

途中で亭があったので、一休み。
水飲んだり、カロリーメイト食べたり、海外用携帯で家にかけたり。

旅行に行くことに冷ややかだった家族。中でも、当時まだ働いていた父の冷ややかなこと。
家族で中国行ってる人がいることが会社にばれたら10日間自宅待機(いや、自宅謹慎)だと
聞かされていたので。
眠そうな声で「変なもん持って帰ってくんなよ」と。
当時のことだから、分からないでもなかったけどね。

公園から見た抚顺の風景は、何だか殺風景。灰色一色な街並み。


塔を眺めて、公園を出る。


探してたバス停を発見!!

でも、道を聞いた場所が一区間前だったから歩いてきてよかったかも。
中国でも方向音痴は変わらない、トホホ

(次へ続く)

<音と意味>
※1 ガオアールシャンゴンユェン
※2 チンウェン、チーチャージャンザイナーリ?:すいません、バス停はどこですか??
※3 チューナーリ?:どこ行くの?
※4 ブヤオズォチーチャー。イーヂーゾゥジウハォ:バスに乗る必要はないよ、まっすぐ行けばいい。「坐」は座るという意味のほかに、乗り物に乗るという意味。「~就好」は「~したらいい」という感じ。

-関連記事-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのお茶の味-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのバス車内にて-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
13:55:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのお茶の味-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
抚顺城站(通称:北站)に到着。
南站(抚顺站)に比べて、体育館みたいなそんな近代的な感じの駅舎

そして、次の目的地へ行くべく、バス停へ直進しようとしたら・・・

茶艺馆を発見!!

お茶好きしーぐぅ、中に入っていきました。

・・・いきなり、看板犬らしいチワワに
吠えられたとです。しかも、ジャンプして
私に吠えるとです(byヒロシ)・・・


ワンワンワンワンワン・・・!!

元気に吠えてきた。そんなに吠えんでええやん、もぉ・・・。

無視して中へ。2階に通された。エアコンのある個室。
円卓中央に茶盘

メニュー渡されたけど、目がテン!!

どれも100元(約1,500円)以上するんだもん
そんな時に限って、あまり両替もしてなかった・・・。

でも、せっかく入ったんだし、いちば~ん安いのを選んだ。どれも高いから、安いの選ぶのに必死。

選んだのは 乌龙佳人 というお茶。100元。

選んでから、店のお姉さんが茶葉やお茶請けを運んできた。
そして、解説しながら工夫茶 で淹れてくれた。

私は、あまりに中国語のヒヤリングはあまりよくないので心配してたけど、
お茶については本や講習会で知識を少しかじっていたのでだいたいの意味は分かった。

茶葉の形は、深緑で楕円に固められていた。

お茶の味は、香りはお花のような、でも味はあまいナッツのように思えるものだった。
今まで飲んだことのないお茶だったが、おいしかった

茶海のお茶を注ぎきると、茶壶から茶海に、饮杯にと店のお姉さんは、丁寧に注いでくれる。
お茶請けもたくさん。トマトみたいな赤い実やみかん、駄菓子。

しばし談笑。

私の中国語がたどたどしいから、どこから来たかやはり聞かれた。

今回の旅では、韩国人ということにしていた。
やはり場所が北方で日本人のイメージはよくないかもという土地柄から判断したのと、留学時代
リーベンレン(日本人)というと笑われたりしたからあまり日本人と言った時の反応を
見たくなかったからかもしれない。

時期がSARSが流行してるときだったから絶えずマスクをしていることを話すと、
「どこも店内は消毒してるから大丈夫。ただし、人ごみの多いところはあまり近づかないほうがいい」というアドバイスをもらった。

約1時間はいたかな。

帰るときに、「メニューのほかに、実演料が必要なんだけど・・・」とお姉さん。

ただでさえ、お金ピンチなのに、
実演料だって!!


しくしく

最低ラインは50元らしいから、なけなしの50元も払った。
まぁ、テーブルチャージとか思えばいいかな。

残った茶葉は茶缶に詰めてくれ、残ったお茶請けを袋につめて持たせてくれた。

旅の中でほっとできた瞬間だったけど、大陸では茶艺馆はまだまだ高い
帰国後、持ち帰ったお茶は大事に飲んだけど、なかなか探しても見つからなかった。

でも、とあるお店で発見。

名前は「蘭桂花」

蘭のような桂花(金木犀のような)そんな香りをイメージしたお茶で、乌龙茶の周りを固めていたのは甘草というものらしい。カンゾウエキスという言葉、聞いたことありませんかあれです。

また帰りがけに犬に吠えられながら茶艺馆を出て、次なる場所へ。


(次へ続く)

<音と意味>
※ ゴンフゥーチャー:茶壶(チャフー:急須)・茶海(チャーハイ:ピッチャー)闻香杯・饮杯を使った中国茶を淹れる作法。急須で淹れたお茶は、一度茶海に開けて濃度を均一にし、闻香杯に注ぎ、饮杯に移します。闻香杯に残ったお茶の香りを楽しみ、饮杯でお茶を味わうのです。
工夫(ゴンフー)とは、中国語で「時間」の意。時間をかけてゆっくりお茶を味わうのが工夫茶での楽しみ方。でも、時間を意味する「工夫」ですが、カンフーの字もこれなんです。おもしろいですね。

-関連記事-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのバス車内にて-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
12:25:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺でのバス車内にて-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
バスに乗って、まず向かったのは抚顺城站、地元の人がいう「北站」。

南站に降りたから今度は北を目指したそして、北站周辺にも観光できるところがあるからだ。

おっと、ここで中国のバスについて。
乗ったバスがつり銭出してくれないワンマンバスだった。運賃は、5毛 ※1
持ってた小銭は1元・・・チャリン

日本のバスと同じく、乗ってすぐに運転手のそばにある運賃箱に入れるんだけど、
私は5毛がなかった。

しーぐぅ(小声で)我没有零钱。
怎么办好呢
??」
※2

汽车司机 ※3阿姨 ※4・・・
(無言で早く中へ入れと手招きのような合図)

運転手のおばちゃんの無表情なのか怒ってるのか判別つかない表情に乗車を促されて、
バスの後方へ乗って次の停留所についた。

運転手のおばちゃん、乗ってきた女性が5毛を運賃箱に入れようとするのを止め、
バックミラー越しに私を見て(にらんでるように見えたなぁ)、

汽车司机の阿姨「来」 ※5

入り口へ向かうと、その女性に1元を渡すよう合図され、5毛のお釣をもらった。

車内でこんなことがありながらなんとか払えて一安心。

しばらく乗って、北站へ降りた。


(次へ続く)

<音と意味>
※1 ウーマォ:「毛(マォ)」は中国の通貨の一つ「角(ジィァオ)」の口語体。1元=10角、約0.15円。ちなみに「元(ユェン)」は口語ではクァイ(日本の漢字ではないらしい)。
※2 ウォーメイヨーリンチェン。ゼンマバンハオナ?:小銭を持ってません。どうすればいいですか??「零钱」は小銭の意。
※3 チーチャースージー:バスの運転手。中国語の「汽车」は車・乗用車の意。日本語の汽車に当たるのは火车(フォチャー)。バスは「公共汽车(ゴンゴンチーチャー)」だけど、ここでは略されてます。司机はバスでもタクシーでも運転手はこちらが一般的。おっと、「驾驶员(ジィアシーユアン)」もあるけど、書き言葉っぽい印象です。
※4 アーイー:おばさん。ちなみにおねえさんは「小姐(シァオジェ)」。中国では年上に見られるのがいいらしいので、留学したときはよくアーイーと言われてた。でも、台湾ではアーイーと呼ぶと嫌な顔されるのでご注意!!
※5 ライ:いらっしゃい、来い。

-関連記事-
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
12:24:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2003/4/26-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 抚顺站-
2003 / 04 / 26 ( Sat )
さぁ、何日目に抚顺へ行ったかなぁ・・・。5日目だったかもしれない。

抚顺へは、バスで向かった
・・・丹东みたく列車に乗りたかったけど、時刻表見ても適当に到着する便がなく、
現地の駅が小さいから途中下車しない便が多かったから諦めた。

非典 ※1 の影響か、車内で乗客の個人情報と体温はどうか書かされた

中国では身分証明書がしっかりしてるため、身分証明書番号欄もあって書き方に困った

車掌のおばちゃんに、
(小声で):「我是外国人。怎么办好呢??」 ※2
と聞いたら、ホテルの電話番号や部屋番号だけでいいと言われた。
体温は、大丈夫だったら「正常」と書いてみたいに言ってた。

外の風景を眺めながら、約1時間で到着。

中国の長距離バスターミナルは、だいたい列車駅の近くにある。
抚顺に着いた時も、駅前に停まったから着後はまず、駅見学。

抚顺站 ※3抚顺にはもう一つ「抚顺城站※4抚顺站抚顺の南に位置するので「南站」
抚顺城站は北に位置するので「北站」と地元では言われている。
南站は小さな駅だった。
駅舎内は古びていたけど、風情があった。こういう駅に降りたかったなぁ。
売店があったので、地図を購入。地図は旅の思い出になるとともに必需品。

趣のある南站を眺めた後は駅周辺。
繁華街がすぐそばにあるので、結構車や人の往来があった。

街中のバス停はその繁華街の中なので、バスへ乗って最初の散策地へ。
あまりきれいなバスではなかったけど、中国のバスには乗りなれてるので懐かしかった。


(次へ続く)

<音と意味>
※1 フェイディェン:非典型性肺炎(新型肺炎SARS)の略称。
※2 ウォーシーワイグォレン。ゼンマバンハオナ?:私は外国人です。どうすればいいですか??「怎么(ゼンマ)」はどのような、どのようにの意。「好(ハオ)」はよいの意味として多用。好きは中国語では「喜欢(シーファン)」
※3 ウーシュンヂャン
※4 ウーシュンチョンヂャン

-関連記事-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 夜の沈阳の街-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳北陵公园-
2003/4/25-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳九・一八纪念馆-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东③-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东こぼれ話①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东②-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①-
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
11:53:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。