サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
検査の結果・・・異常発見
2009 / 02 / 27 ( Fri )
今週2回めの婦人科。

ゆっくり家を出たので、途中走って5分前に到着。
でも、待合いには何人か待ってて、今日は比較的混んでたほうだ。

奥さんの付き添いで待ってるらしき男の人もいた。
付き添いしてもらえるなんて、何だかうらやましかった。

混んでた上に、予約した時間より30分遅れてやっと診察。
まずは前々回に受けたLH・FSH・プロラクチン値の検査結果を教えてもらった。

先生「1点異常が見つかりました」、私「えっ・・・」と一瞬言葉をなくした。
LH・FSH・プロラクチンのうち、プロラクチンの測定値が高かった。LH・FSHは正常だった。

LH・FSHとは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで、どちらも卵巣を刺激するように働く
ホルモン。
プロラクチンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンで、乳汁の分泌を促す働きがあるとか。
LH・FSHの値の増え方が自然かどうか見ることで排卵の状態が分かり、プロラクチンの値が
増えすぎていると授乳している状態に近いので、妊娠は難しい・・・んだとか。
測定方法は、測定薬を脈に注入する前と、注入して30分後の血液からホルモン値を比較する。

プロラクチンの正常値は、測定薬注入前の場合6~30ng/mlぐらい、
注入後30分後は150ng/ml以下。
でも、私の場合は、注入前44ng/ml、注入後30分後376ng/ml

「プロラクチンが高いと、母乳が出る状態なので妊娠しづらい状態です」と先生。

それで納得した。
実は、いつの頃からか左乳首を押すと白いものが出る。押さなくても、白いのがついている。
何だろう変だなぁ~と思いつつも、どこへ聞いていいのか分からずに放置してた

検査結果聞いてから、内診。エコー見ながら、内膜の厚さを説明してもらった。
内診が終わって、プロラクチン値を下げる薬を処方してもらった。
1週間に1回服用で、3か月分。

それからクラミジアなどSTDにかかってないかチェックするためにまた採血してもらって終了
血管細いし、看護婦さんがまた苦労してた。申し訳なく思うし、針が刺さると固まってしまうという、私には地獄なひと時だ

帰りに調剤薬局で、処方された薬をもらって帰ってきた。
1週間に1回、就寝前に服用すればいいとのこと。先生に飲む時間帯(朝夕晩どの時間帯か食前食後どのタイミングがいいか)聞いたら、「いやいつでもいいですよ」。
実際は、薬剤師さん曰く「これは就寝前に服用してください」
ありゃ

異常が見つかって凹んだけど、病院へ行かなければ原因は分からなかったからその点では勇気出して行ってよかった。タイミングも聞けたことだし

次回は月曜。定時後に予約が取れなかった。早退して行こう。
薬も忘れずにちゃんと飲まねば。

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
22:23:03 | ふにんちりょう | コメント(0) | page top↑
<<基礎体温表忘れてしまった・・・ | ホーム | 不景気の影響か・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。