サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
互相学习(フーシャンシュエシー)
2005 / 11 / 04 ( Fri )
授業や、机上の学習だけでは語学は身につくなんてことはないだろう。

留学は海外生活。やはり、話して失敗してこそ身につくものだ。

こういう時に、内向的な性格は不利

半年くらい経って、周りの留学生がどんどん上手になっているのを見て焦りを感じ、
帰りたくなったこともある
余程気に病んでたのか、寝言が中国語だったこともあるらしい・・・(同屋談)

みんな、日本語を勉強してる人や同じ学校の生徒相手に、話す機会を設けていたのだ。

自分が中国語を、相手が日本語を話して、互いに外国語マスターに向けて勉強することを
互相学习(フーシャンシュエシー)という。
その相手を、当時単に「互相(フーシャン)」と呼んでいた。
ただ、この互相学习は相手の「日本語を話す」熱意が強く、自分の「中国語を話したい」という熱意が弱ければ一方的に日本語を話させられるだけに終わってしまうことがあるので、
それぞれの言葉を時間を決めて話すように工夫しないと負けてしまう。

このままぢゃぁ、アカンと私は中国語を、相手は日本語を話してお互いにレベルを
高め合えるよう互相の相手を募集した。

上海のとあるホテルの輸入食材を多く取り扱うスーパーに、イベント募集や家庭教師募集などを
貼れる掲示板が設けてあったので、「お互いに外国語を話して、友好を深めましょう」てな内容で
募集した。

・・・中には当然、冷やかしもあった。
何度も電話かかってきて、アーイーに「ディェンホヮ」と何度も呼ばれ、出たら何を言いたいのか分からんムカつく場合もあった

数人と互相したが、自分の内向的な性格ゆえ、話が盛り上がらなくて自然消滅的に会わなくなった
ケースが多々あった。

その中で、一番長く付き合えた友達がいる。
その代わり、その相手は大学時代に日本語を勉強していたので、互相と言っても日本語を話す
機会が多かった・・・
でも、やさしいイイ友達。当時、某D銀行上海支店で働いていたので、食べに行っても支払って
もらうことが多かったなぁ・・・。いろいろと感謝してます(金銭面だけではないけど・・・)

その後、私が留学中に、大阪の某私大へ留学し、会ったのは帰国してから。
帰国後も、関西へ行くことがあったら時折会ってた。写真好きな友達

突然の結婚にビックリして、大阪行って祝ってあげたりもした・・・でも、現在シングル・・・なるの
早かった気がするが

そして、今も日本のどこかにいる。たまに、中国語で携帯にメールが入る
現在、日本語アレルギーらしい。
日本人と香港人のストーカーに追い掛け回されたとかで、住所は明かせないとか。

元気かなぁ
中国へ旅行したら、メール入れようっと。

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
20:00:56 | 留学時代ぷれいばっく!! | コメント(0) | page top↑
<<中国茶館 銀座 香韻(しゃんゆん) | ホーム | お茶パラダイス!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。