サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
食わず嫌いを作ってみた(12月6日の晩ご飯)
2009 / 12 / 08 ( Tue )
ハンバーガーは食べられるし好きだけど、ハンバーグが嫌いである

なぜか??

それは今を遡ること何十年前のころ。当時しーぐぅ幼稚園に通っていた。
お昼は自宅からお弁当持参ある日のおかずは、ハンバーグだった。食べて即「ヘンな味~」と食べるのやめたくなったが、保育士さんがお弁当を食べ終えるまで遊ばないよう児童を監視してたので、つらいながらも何とか食べ終えた。ハンバーグもご飯もおいしくなった

その日の晩。
テレビを見てると、突然気持ち悪くなり・・・近くに座っていた母の背中とカーペットに・・・ぶちまけた

以後ハンバーグはトラウマになり、食べられなくなった。特に、手作りのは
当時、ハンバーグは子どもの大好物のひとつ。田舎へ行くと、おばあちゃんがハンバーグ作って
晩ご飯に出していた。
でも私は食べられず、いとこにあげた。「おいしいのに、何で~」て不思議がられたもんだ。

時々、母の手作りハンバーグの話になると、「当時は中まで火を通すのが難しかったんや。
失敗する人多かったし
と弁解してる。ホンマかね~

大人になった今でも、そんな積極的にハンバーグを食べに行かないけど、グルメ番組見てると
おいしそうに見える。
苦手克服のために、作ってみた。

ハンバーグ作りは中学の家庭科調理実習以来、である。
レシピ本を見ながら、トライ。

参考にしたレシピ本。父からもらって以降、愛用中。パート2も愛用中。
調理以前の料理の常識

焼くまではのレシピ通り作り、味付けはドミグラスソース缶をまるまる1缶使って煮込んだ。
ダンナどの曰く、肉汁も使うものらしいが焦げが入ってしまったし、カロリーを抑えられるかと思って使わなかった。



中まで火が通って、おいしくできた。
ただ、今回は豚挽き肉を使ったので後半ちょっと味がしつこく感じた。
次回は合挽き肉を使ってみよう。

今度はあっさりと大根おろしとしょうゆをかけて和風に挑戦や

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
19:01:35 | 日々のできごと | コメント(0) | page top↑
<<初フライング、撃沈 | ホーム | 大義名分が変わるとやれますな。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。