サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003 / 04 / 23 ( Wed )
さて、やっとこさ本編のお話ができます。
(なんだよ、自分がここまで話を長く伸ばしてただけぢゃないかよ。まったく、やってらんねぇぜ、もわもわもわもわ~~)

ここまで読んでくれたみなさま、どうもありがとうございます
(いるのか疑問ダケド)

本格的に動き出したのは、2日目から

沈阳は広い街なので、丹东・抚顺・鞍山は各1日ずつで残りが沈阳という観光計画を立てました。

2日目は沈阳の街その1。

まず向かったのは、沈阳站售票处※1

翌日、丹东へ行くためのチケットを購入

それから、バスに乗って沈阳故宫※2へ。

(正門付近にて)

北京故宫博物院をすでに見ていたので、正直小さいなぁと思った。だけど、皇帝が住んでいた場所なだけあって、玉座は豪華だし、寝所も上品にしてあるようだった。また、式典場所の大政殿の前は広々としててやはり皇帝がいた場所なんだと実感


(北京の故宫に比べたら狭いけど広々してた)

大政殿と広場を眺めながら、手紙を書いた

灰色のレンガオレンジの屋根赤い柱が印象的。色の対比が面白く感じたら、ぱしゃぱしゃとシャッター切っていたナァ

(大政殿にて)

(下からぱしゃり)

ただ、一部修築中だった個所があったのが、ざんねん。

(次へ続く)

<音と意味>
※1 ショウピィァオチュゥ:切符売り場。票(ピィァオ)はチケット、售(ショウ)は売るという意。
站は駅という意味のほかに「立つ」という意味もあります。それが転じて駅という意味にも使われるようになったんでしょうかね。
※2 シェンヤングーゴン:瀋陽の故宮。北京のが有名だけど、こちらは清朝が興った頃は瀋陽が首都だったため、こちらに皇帝が住んでいました。3代皇帝皇太极(フヮンタイジー:ホンタイジ)の頃に北京に首都が遷り住まいが紫禁城に変わってからも、瀋陽へ寄った際はこちらに宿泊し、執務もされたとか。
ちなみに、瀋陽故宮は2004年世界遺産に登録されました

-関連記事-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
09:40:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)- | ホーム | 2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/13-2468f691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。