サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
痛くない乳がん検査
2010 / 07 / 27 ( Tue )
今日は、午前中お休み取って、立川で乳がん検査受けてきた。

去年までは、法定健康診断に行ってるクリニックで乳がん・子宮がんとも検査受けられたが
(派遣健保のオプション検査で無料だった)、今年からはオプション検査の契約をしてないらしく、
受けられるけど実費になってしまうので、ほかの病院で受けることにした。

そこそこ近い医療機関がいいので、立川で受けることに。負担金払わなきゃならないけど、そういう契約だろうし、ま、しゃぁないや。
当初、乳がん・子宮がんとも受ける予定だったが、自治体から子宮がん検査無料クーポンが
届いたので、今回は乳がん検査のみ。

暑い中、受付時間に行ってみたら、受付前は列がずらり
待ってたら、受付の人から名前を呼ばれ、順番が回ってくるまで待つ手間が省けた

上だけ検査着に着替え、待合でしばらく待って、まず触診。
女医さんが両手で両方の乳房をくるくると回しての触診、次はシリコンパックみたいなのを使って
触診。
シリコンパックみたいなのを使っての触診は初めてで、触れられた時はちょっとびっくり
医師によってなのか、医療機関のマニュアルによるのか、違いがあるんかな。
女医さんの触診の結果と、問診票に書いたことをやりとり。触診は異常なし。

触診の後、しばし待合で待って、最後は乳腺エコー。
今までずっと、乳房を挟まれてレントゲン撮影するマンモグラフィーだったので、今回初エコー。

技師さんが乳房にローションを塗って、プローブでさすりながら画面をチェック。
マンモグラフィーと乳腺エコーでどう違うか、聞いてみた。
マンモグラフィーは触診では発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんの発見に適していて、乳腺エコーではマンモグラフィーでは写らないわずかな濃度の違いで病巣を診断するものだとか。

去年まで毎年痛い思いをしてたので、今回はローションのあったかさぐらいで、痛くないのに
ちょっと感動

1年おきに検査方法を変えて受診する人も多いとか。
参考にしよう

1時間で終了。
早めのお昼を取ろうと、ラーメンスクエアへ。
和っ2というお店で、和歌山ラーメンを食べた

濃い目でクリーミー。最後のほうではちょっとこってり感じてきた。


ecuteも久々に見て、午後は会社へ。
PCセキュリティソフト入れてたので、午後は仕事にならず。

乳がん検査受けたし、次は子宮がん検査も予約しなきゃ。

30代後半、妊活断念したし、ますます気をつけなきゃ。

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
21:12:50 | 日々のできごと | コメント(0) | page top↑
<<再びビール♪ | ホーム | 実家で甘いビール♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。