サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳站にて-
2003 / 04 / 24 ( Thu )
はてさて、旅の第3日目

中朝国境最大の街丹东(ダンドン)へ出発

みなさん、自行车※1でいそいそと職場へ向かっているのを見ながら、沈阳站へ。

現地の人はみな、しーぐぅのマスクウーマンな姿を見て笑ったが、
そのマスク姿の上を行くスカーフで顔隠す女性を見逃さんかったで

その女性だけでなく、当時の非典※2の影響を表すものを沈阳站で発見

非典に関するポスターだ。

非典の定義・症状・予防策について書いてあった。

沈阳站は、1日目到着後の晩・2日目に日中の周辺の様子(戦車レプリカの塔があってびっくり)と見てきたが、内部はこの3日目に初めて入る。
(なんだよ、丹东へ列車で向かうから当たり前ぢゃないかよ。まったく、やってらんねぇぜ、
もわもわもわもわ~~)


入り口を抜けると、内部は欧風の建物
アーチ型通路をエレベーターで抜けると・・・欧風なのは入り口出てすぐまでだった

エレベーターを上がると、廊下と各方面行きの候车厅※3

中国の列車は長くて、2泊~3泊は当たり前。現にしーぐぅも、留学時代上海から2泊3日で
成都まで旅したもんだ。
1時間ぐらいの短いものから2日以上のながぁい乗車の旅まで、退屈しないよう廊下の売店には
食べ物・飲み物・雑誌書物類が豊富に売られていた。

しーぐぅの乗る列車の候车厅へ。
候车厅内でも、また細かく行き先ごとに電光掲示板に表示が。
候车厅といいつつ表示の下に並ぶと、先はもう改札。

でも、留学時代の駅はこんなにきれいじゃなかったよ。
数年も中国来てないと、変わるものなのかナァ。

おっきい荷物持ってる人は今も昔も変わらないみたいだけど。

おっと、当時しーぐぅが乗ったのは8:37発沈阳北発丹东行きK671号。

改札を終え、ホームで待ってるとなんだかドキドキしたなぁ。

砂埃立たせて、K671号が到着。

さぁ、丹东へ出発


(待合室にて。フラッシュ焚いたから暗くなっちった)


(周囲の中国人に訝しがられながら撮った一枚)

(次へ続く)

<音と意味>
※1 ヅーシンチャー:自転車。
※2 フェイディェン:非典型性肺炎(フェイディェンシンシンフェイイェン:SARS)の略称。
※3 ホウチャーティン:待合室。

-関連記事-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳;(中街と张氏帅府)-
2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳故宫-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の4-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の3-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の2-
2003/4/22-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編序の1-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
09:20:00 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2003/4/24-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 丹东①- | ホーム | 2003/4/23-沈阳・丹东・抚顺・鞍山編 沈阳(中街と张氏帅府)->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/16-cfbcd817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。