サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
迦南茶房(かなんちゃぼう)
2005 / 12 / 04 ( Sun )
9月末日をもって、閉店。
現在、通信販売のみ。
(ホームページより)




ホームページ(通販)
土曜に行ってきたお店です。
JR大塚駅の南口からまっすぐ地下鉄新大塚駅方面へ歩いて、ビルの前にお店の看板を発見

しかし、このビルなんとエレベーターがないんです。

オンリー階段・・・お店は5F・・・

うわ~~

階段を上ってやっとこさお店に到着。
ホンマの話、上りきった時は入口前で一度しゃがみこんでしまいました・・・
年ですね・・・(^ ^;

っとっとっと、本題に戻しますm(_ _)m

一歩入ると、耳は中国古典的な音楽に迎えられ、レンガ壁に囲まれた暖かい空間。
カウンター席3つ、2人掛けテーブル5卓(ぐらい)のこじんまりとした広さ。
壁には掛け軸、中国古典的な音楽でリラックス。
茶器もかわいくディスプレイされてます。

事前に大塚は何があるか調べても、お買い物や見たりするようなところが少なくて、
一度このお店だけ来てもう二度と来ないかも、なんて勝手に想像していました。

しかし

そんな心配もなんのその、ここのお店のお茶は珍しいのがいっぱい
600円くらい~1500円くらいと値段の幅は広め。

私は青茶の1976年物の文山包種老茶(ぶんさんほうしゅろうちゃ)を、
連れは緑茶の翠玉茶五分熟(すいぎょくちゃごぶじゅく)をオーダー。

文山包種老茶は張り紙に惹かれてオーダー。
陳年モノ(長年寝かせてから再び作る古いお茶のこと)といえば、普洱茶や、
そんなに生産されてませんが凍頂烏龍茶が有名です。時折、鉄観音にも見うけられるくらい。

文山包種老茶ってなんぞいや?

しかも、私の??歳年下ぢゃぁあ~りませんか♪
(ちょっとチャーリー浜風)

翠玉茶は、確か凍頂烏龍茶の新品種だったと思う。凍頂烏龍茶のような香りと甘味を持つおいしいお茶。五分熟というのは、製造過程で通常1分する火入れを5分かけているってことらしい。

それぞれのお茶の形をじっくり鑑賞してから店長さんに一煎めは淹れてもらいました。

写真は撮りませんでしたが、大きな茶盤と茶器を載せたワゴンを近くまで運んで来て、ゆったりと手馴れた感じで淹れてくださいました。
音楽で聴覚的に、茶芸で視覚的に、香りで嗅覚的に、これぞまさに癒しの3拍子


(左から、文山包種老茶の茶葉、出された茶器(文山包種老茶は蓋碗。
奥は翠玉茶五分熟用の急須など)、湯を淹れた後の文山包種老茶の茶葉の様子)

通常の文山包種は柔らかい黄色の水色(すいしょく)で、爽やかな香りと味です。
が、この老茶は深みのある味。まるで私のように年を重ねた深み・・・水色は茶色が強い
アンズ色
本当に味わい深いでも、飲んでからのどの奥にほのかに若い時(通常)の文山包種の爽やかさを感じました。
(でも、しーぐぅ、年は重ねたけど深みを備えた人間ぢゃないことをお断りしておきますm(_ _)m

翠玉茶五分熟は、聞香杯でかぐ香りがすごく甘い砂糖の甘さではない、自然の強い甘さ
感じました。
味は凍頂烏龍茶の流れを汲んで、清々しいおいしさ。1分の火入れと5分の火入れ、
火入れの時間が違う賜物ゆえか

お茶請けは、かりんとう・かぼちゃの種・松の実でした。

今回はデザートを注文

私が選んだのは、ピーナッツ湯だんご:湯圓(タンユアン)。
こんなかわいい器に入れられてました


蓋を開けて、ぱくっ


口の中にあったかいピーナツあんの甘さが広がって、美味

連れが選んだのは、うさぎの形のカスタードまんじゅう


皮がプリプリ、カスタードが温かくてやさしい甘さ

おいしいお茶と音楽で長居しちゃいました。またリラックスしに行こう。

階段の上り下りが大変ですが、穴場的な「あまり教えたくないかな」と思った中国茶のお店でした。

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
02:12:48 | 茶藝館・中国茶カフェ | トラックバック(4) | コメント(3) | page top↑
<<フィギュアスケートGPシリーズ男子 | ホーム | ノキアな情報>>
コメント
--そろそろここらで・・・--

スガジー様:こんばんは!!

う~ん、プレイスポットはだいたい新宿・渋谷が一番多いですが、中国茶館のあるところもプレイスポットですね・・・。

でも、目黒の岩茶房から開拓しだして、結構行ったし、行くとまたもういっぺん行きたくなるので、しばらくは開拓したところを行ってまた開拓したくなったら開拓しようと思います。
by: しーぐぅ * 2005/12/05 01:15 * URL [ 編集] | page top↑
--よかった~--

のんびり落ち着けるお店だったね~(^^)
エレベータがあればよかったけど、でも逆に隠れ家的で
よいのかもしれないね。(^o^)
by: くら * 2005/12/04 12:39 * URL [ 編集] | page top↑
--=*^-^*=おいしそ♪--

(/゚∇゚)/゚∇゚)o おはようございます!
ピーナッツ湯だんごなんて
かわいらしいですね。
おいしそうです。白玉とか好きなんで♪
しーぐぅさんのプレイスポットは
丸の内線沿線が多いのですか?
池袋近辺とか?
私は埼玉出身の東武東上線利用者でしたから、いまだに池袋が多いんですよー。
休みなんてすぐ終わっちゃいますね。
いつもありがとうございます。
ぽちっ♪( ´ー`)ノ
by: スガジー * 2005/12/04 09:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/165-6467b797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
登竜門の語源は?
掛け軸によく描かれる「鯉の滝登り」の図柄。これは次のような意味があります。 中国の黄河の上流にある龍門の急流は多くの魚が登れない。登った鯉は龍に化するという伝説があり、人の立身出世をたとえて言いました。「登竜門」は立身出世の関門とされ、そして「登竜門.... 掛け軸の店ひのき屋が提案『日本家屋の装飾美!床の間を見直す』【2005/12/11 15:20】
茶道と一期一会の関係
一期一会。 この言葉は掛軸として茶室などでよく掛けられていますが、これは江戸時代末期の徳川幕府の大老であった井伊直弼(いいなおすけ)が著した「茶湯一会集」という茶道の本にある言葉です。 「一期(いちご)」とは人が生まれてから死ぬまでの一生のことで、「一... 掛け軸の店ひのき屋が提案『日本家屋の装飾美!床の間を見直す』【2005/12/11 15:00】
あなたの家に掛け軸はありますか?
掛け軸は鎌倉時代中国より伝来し、当時は仏画を掛けて香花を添え香炉を置き鑑賞したのが始まりであるといわれています。仏壇代わりにしたともいわれています。 そして室町時代に入り、掛け軸は日本の四季(文化)を楽しむ道具のひとつとして「茶」と共に発展しました。茶.. 掛け軸の店ひのき屋が提案『日本家屋の装飾美!床の間を見直す』【2005/12/11 14:30】
中国茶の店 迦南茶房(かなんちゃぼう)
住所:東京都豊島区南大塚3-2-10林ビル5F 営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜 JR山手線大塚駅南口より地下鉄丸の内線方面へ徒歩5分 大塚にある茶芸館にいってみました。(^^) くらブログ【2005/12/05 21:25】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。