サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ジャンピングの姿を楽しむ黄茶~霍山黄芽(かくざんこうが)~
2006 / 06 / 26 ( Mon )
このブログでまだ紹介してない黄茶を紹介します。

黄茶は軽く酸化弱発酵なお茶。
生産量が少なく、希少なお茶です。だから、お値段もまぁまぁします。

今回飲んだのは、連れがご提供してくれた霍山黄芽(かくざんこうが)でございます。

茶葉は細長くたくさんの産毛に覆われています。

このお茶はジャンピングが楽しめるお茶なので、こんな感じの背の高いグラスを使って
淹れるのがオススメ

耐熱ガラストールマグ 金魚

背の高いグラスに茶葉を入れ、60~70度に冷ましたお湯を注ぐと・・・

上へ下へ

ゆっくり茶葉が舞います。味だけでなく、このジャンピングを見て癒されますよ~~~。



上下のジャンピングがおさまった頃(5分くらい)が飲み頃。
あっさりとしていて、口の中でほのかな甘みが続きます。

このお茶に出会ったのは、2~3年前の華泰茶荘の講習会。
まだ中国茶にはまりだして間もない頃だ。

当時は、青茶みたいにハッキリとしたインパクトさを感じられなくて、
もの足りない・・・と思ったものです。
まだまだお茶の味ってものがよく分かってなかったからだと思うけど(今もまだまだ分かってないか)

今では、ゆったりとしたい時に飲むと、リラックスできるお茶だと思うようになりましたが。

生産量が少なく、値のはるお茶ですので、お茶にはまりだして間もない方には向かない
お茶かもしれません。

いろんな中国茶を飲み慣れてきた頃にトライされることをオススメします。

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
23:12:07 | お茶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<立川悟空 de カフェ飯 | ホーム | ミルクがきいてる、カルピスバター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/417-f7b157ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。