サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
あの銘茶の茶樹がピンチ!!
2006 / 11 / 08 ( Wed )
以前、中国茶の心配な話題について書いたが、今度はお茶の樹、茶樹の心配な話題を。

世界的に異常気象な世の中。
中国も例外ではないようです。。。

55年ぶり異常高温で、全国的に干ばつ被害が拡大
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1102&f=national_1102_002.shtml
(11月2日のサーチナ・中国情報局より)

中国では、全国で記録的な高温が続いて、干ばつの被害が拡大、深刻化してるそうな。
干ばつがひどいと当然、収穫にものすごく影響が出る。
影響するのは農作物だけかと思っていたら、茶迷にも心配なニュースが飛び込んできた

福建:中国茶の「銘木中の銘木」が干ばつで大ピンチ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1107&f=national_1107_003.shtml
(11月7日のサーチナ・中国情報局より)

中国福建省・武夷山(ウーイーシャン:ぶいさん)。
筏でゆっくり下って景観を楽しめる九曲渓があり、そして武夷岩茶といわれる
岩に自生してる烏龍茶の産地として知られ、世界遺産に指定されている。
いつか武夷山へ行きたいと思っている。

その武夷山で、干ばつにより武夷岩茶でも「銘木中の銘木」大紅袍の母樹に影響を与えているのだ

大紅袍は武夷岩茶の中で最も貴重な茶葉で、現在自生している茶樹は4本。その茶樹(母樹)政府の管理下にあり、その茶樹から採れる茶葉は半分が政府用、残り半分は茶葉研究所用一般へはなかなか流通しないという。一般に流通している大紅袍は、母樹から接ぎ木してつくられたものだ。

母樹は樹齢350年以上のご老体
現地では9月半ば以降雨が降らず、人が岩場に登ってバケツで水やりしている。
う~ん、そこまで弱っているのか・・・。
岩に自生しているから逞しい印象があるのに、人の力により水やりしてもらわなければいけないとは・・・逞しさが・・・。
水やりの人も大変そうだけど、画像を見ると茶樹が何だかかわいそうに思えてくる。

貴重なお茶の樹だし、何とかこのご老体茶樹に恵みの雨が降ってくれることを祈る。
・・・以上、茶迷に心配な話題でした。

-関連記事-
中国茶の心配な話題

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
21:19:23 | お茶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<結納・結婚式場申し込み | ホーム | 大閘蟹!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/529-3284503b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。