サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
1998 My 寒假 1. はじめに~当初予定してたコースについて~
2006 / 12 / 24 ( Sun )
※このレポは、しーぐぅが上海へ留学してた時代に書いたものです。
後半(いや多分すぐ途中)から、手持ちのノートをもとに書いていく予定です。


1998年1月17日から2月13日まで学校は冬休みで授業がない
・・・さぁ、この3週間をどうしよう
初めの1週間は両親・(当時付き合っていた)彼氏に相次いで来てもらうから上海にいるとして、
残りの2週間は・・・


日本に帰国して里帰りする者、南方へ行く者、上海に都合上居残る者、外国へ出る者・・・と
冬休みの使い方は人それぞれまさに各种各样※1だ。私も、今は寒いし、暖かい南方に行こうかとも考えたが、南方のひとり旅は危ないと聞いていたし、人と同じようなコースたどるのもな・・・
ほんとにどないしょ?


そこでひらめいたのが、私がなぜ中国に来たのかという疑問に対する答えだ。

では、どうして中国に来たのか??

もともと三国志が好きで、「三国時代(魏・・蜀)」という戦国時代群雄割拠の中、
たくさんの武将が中国各地から名乗りを挙げて戦い、
敗れては消えていく。
日本にもこんな時代があったけど、やっぱりスケールが違う。
だから、三国志のふるさとに行こう。物語読んでて、やっぱり刘备玄关羽云长张飞※2
诸葛亮孔明赵云子龙たちが支えた国(蜀)に肩入れしてたから、”天府の国”蜀の都 成都※3
へ行こう。
ついでに本場の麻婆豆腐・担担面を食べて、近くの聖なる山”峨眉山”にも登って・・・。

2006年の三峡ダム完成により、沈みゆく三国志の名勝古跡を見ねば・・・。
あっそうだ、四川省メインだから大足※4の石仏も見ようかな・・・。
と、題して「三国志蜀の都を巡ってマーボー豆腐・担担面を
食べて、雄大な长江三峡を下る旅」
を1月26日から実施することにした。

(当時付き合っていた)彼氏に25日淋しい思いで見送って、翌26日出発ところが・・・。

<音と意味など>
※1 グーヂョングーヤン:いろいろ
※2 今は张飞が正しいようで・・・。三国志は講談から入っていったので、講談の呼び方が正しいものだと思ってました。
※3 チョンドゥー:現・四川省省都
※4 ダーズー:敦煌・洛阳と並んで石仏がある街

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
09:00:10 | 留学時代ぷれいばっく!! | コメント(0) | page top↑
<<イブに遊茶 茶意館で一休み | ホーム | 南翔小龍包を川崎で>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。