サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
台湾、北京奥运会聖火リレー拒否でどうなる?
2007 / 04 / 28 ( Sat )
久々に「気になるチャイナなニュース」を書くなぁ・・・。
またまた奥林匹克(アオリンピーカーユンドンフゥイ:オリンピックのこと。
略称:奥会(アオユンフゥイ)なネタをどうぞ。

オリンピックに欠かせない(聖火リレーこの「聖火」はオリンピックの起源・
ギリシャのオリンピアで灯される火のこと。オリンピックの象徴でもあるとか。
現在の聖火リレーは、ナチスが1936年のベルリン大会で導入して以来、
ずっと続いているんだって。

その聖火リレーのルートをめぐって、両岸が対立してる、らしい・・・。

台湾、北京五輪の聖火通過を拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000017-yom-spo
(4月27日のYahoo!ニュースより 読売新聞社配信)

北京オリンピック組織委員会は26日、来年3月から開始する
聖火リレールートと日程案を発表。
五大陸すべての都市と、台湾へはベトナム・ホーチミンから
入り、その後、香港、マカオを抜けて中国本土に入るルートを採用する、とした。
台湾側は台湾から東南アジアなど「第三国」へ抜けるルートを
求めていたが、「中国は台湾ルートを国内路線と見なし、
台湾を中国の一部ととらえている」と拒否する声明を発表。


・・・スポーツに政治を介入させないというのは、理想でしかないのか

トーゼン、中国側は「同意していたのに受け入れ拒否とは合意違反だ」と怒るよ。
まぁ、第三国から入り台湾へ、それから香港・マカオ(共に中国特別行政区)へ抜けるこのルート。台湾の次に中国の特別行政区へ続くことから、「台湾は中国の一部」とアピールしたいのが
見え見え
だけど、中国側としては台湾側に配慮したともいうから拒否されると怒るわな。

台湾も当初は同意していたものの、どうやら台湾内部の政治事情が絡んだものみたい。

聖火リレー拒否に賛否=総統選控え、政治問題化-台湾
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000154-jij-int
(4月27日のYahoo!ニュースより 時事通信社配信)

当初、台湾側は「台湾の前後どちらかが第三国となるルート」に同意していた。ところが、与党民進党の独立派が「第三国から台湾に入り、第三国に抜けるルート」を強く
主張したため、中国側が発表したルートを拒否するに至った。
台湾で1年先におこなわれる選挙を控えた影響。


何だかフクザツになりそう・・・。
しかし、台湾も台湾なら、中国も中国・・・。

五輪聖火ルート「台湾に配慮、変更応ぜず」 怒りにじむ中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000010-san-int
(4月28日のYahoo!ニュースより 産経新聞社配信)

北京オリンピック組織委員会副会長代理は27日、
記者会見し、ルート変更に応じる考えはないことを示唆。
両岸で合意した証拠文書を公開し、一旦合意したのにルート変更を求めた台湾側の態度を批判。台湾側がルートを認めなければ、「台湾を通過しない」ことを検討しているという。


ま、配慮したのに、認めないとなると「ぢゃ、通過させない」って考えもあるのか
台湾側にルートを受け入れるよう強く再考を促してる様子。
この一方で、陳総統の孤立化を図っており、強硬姿勢を示すことで、台湾内部の動揺をあおる狙いもあるとこの記事は結んでいる。
果たして、どうなんでしょうね。

政治的な話題が絡むニュースはあんまし書きたくないんだけど、スポーツの祭典。
行方は気になる。

うまくまとまってくれればいいなと、第三国の人間はそう思います。

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
23:59:59 | チャイナな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<連休ですね | ホーム | 神前式>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/675-9206479a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。