サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
今日は何の日?1908年11月15日、西太后死去
2007 / 11 / 15 ( Thu )
サーチナ・中国情報局で毎日掲載している【今日は何の日】
歴史上の人物から芸能人の誕生日や亡くなった日、その日に起こった事件などを
取り上げている。

で、今日11月15日の【今日は何の日】は1908年のこの日、西太后が死去したことを
取り上げている。99年前の出来事だ。

【今日は何の日】1908年:西太后が死去
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1115&f=column_1115_001.shtml
(11月15日のサーチナ・中国情報局より)

西太后は清朝帝妃で、同治帝の生母。約50年の長きにわたって清朝の実権を握った
「女帝」。
紫禁城(現:故)の西の宮殿に住んだため西太后と呼ばれ、日本ではこの呼び方が有名だが、
中国では「慈禧太后」(ツーシータイホウ)が一般的だ。

宮廷に上がってからの説明はサーチナのコラムをご覧いただければと思うが、
長きにわたる実権掌握で「悪女」のイメージが強かった。
昔の西太后の映画でも悪女ぶりが描かれている。
悪女なイメージは西洋人ジャーナリストや西洋人伝記作家によって歪曲されたようだ。

私も映画のイメージが強かったので「自分の権力のためなら何とも思わない女性だろう」と思っていたが、いろんな本を読んでて、そんな人でもないんやなと思った。

そして、大変な時代を生きたんだなと。

最期に言った「女性に政治を任せてはならない」という言葉には、女性は自分のような目に遭えば不幸だということを言ってるのかも。

現在、中国での西太后のイメージってどんなんだろう。

蒼穹の昴(上) 蒼穹の昴(下)

中原の虹(第1巻) 中原の虹(第2巻)

中原の虹(第3巻) 中原の虹(第4巻)

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
20:41:17 | チャイナな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Shih Gu的博客11/15投稿 | ホーム | 来、没有男朋友的女性、没有女朋友的男性!光棍节(11/11)、中国版ねるとんパーティー開催 in 南京>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/861-b7a7cfa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。