サーチナ 中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語 開運なび パワーストーンショップ スピリチュアルストーン
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
上海旅行紀 -2007年11月24日 苏州 北塔报恩寺・拙政园・再び观前街と夜の上海新天地-
2008 / 03 / 15 ( Sat )
う~ん、すっかり更新が遅れてしまった・・・。ここまで読んでくださってどうもです。
初めての方はとりあえず、最後の関連記事をクリックして読んでくださるとうれしいです。


ここまで結構歩いてクタクタだったけど、タクシーつかまえて北塔报恩寺※1へ。
巨大な塔のあるお寺だ。

留学時代もここ来て、塔から苏州の街を見た。
しかし、ここが三国時代、孙权※2が母の恩に報いるために建てたものとは
当時の私は露知らず。

北塔(ベイダー)と言っても通じず、北塔报恩寺で「北寺塔※3ね」と運転手が言った。
地図でも、北寺塔と書いてあった・・・

立派な門をくぐるとでかい塔がドンと建っててめちゃ存在感あり。
疲れた身体に、塔の上まで階段のぼりはこたえたプラスやっぱりこわくてお尻ゾクゾク



やっとの思いで最上階へ到着する頃には息あがってた・・・。
こわいけど、苏州の町を一望。

苏州全景と北塔近辺)

白壁の家運河が広がっててやっぱし水の町やなあ~と思った。
しかし、遠くに高層ビル古い町やと思っていたが、時代は変わったなぁ。

下りもこわごわと下りて、次は徒歩で拙政园※4へ。

寒山寺~留园への道のりと比べ、お店とか並んでいたので、見ながら歩けて楽しかった。
途中に足つぼマッサージ屋さん、時間あったら入ってたなぁ・・・。

拙政园狮子林※5どちらかに行くことにしてたけど、ガイドブックでは蘇州四大名園のうち最大の広さと書いてあったので、拙政园にした。
最大と書いてあるだけに広い迷路のように散策した。

水をテーマにしてる庭園だけど、すかし彫りの窓が印象に残った。

拙政园の鴨)

ここまでで観光は終わり。
上海行き列車にはまだ時間があったし、再び观前街へ。

が、なかなかタクシーがつかまらず、バスに乗った。1人2元(1元=約15円で、約30円)
手元に零钱※6がなく、おまけにつり銭の出ないワンマンバス。10元払って下りた。
日本円に直したら大した額ではないものの、一度順応しちゃうともったいなく思った。あーあ

昼間の様子とうって変わり、观前街の夜は店の明かりでにぎやかさを増していた。



さすがに疲れもピークに達していたので、茶館入ってひと休み。
店員に聞くと、「碧螺春」※7がおすすめだと言うのでダンナどのは碧螺春、私は龙井茶※8
飲んで、疲れをしばし癒した。
ほこりでいがらっぽくなっていたノドに緑茶の甘みと少し青い苦味がすっきりと気持ちいい。


(左:碧螺春、右:龙井茶。緑茶はこのように背の高いガラスコップに淹れると、茶葉がジャンピングする姿も楽しめます)

30分ほどのんびりしてから、观前街をぶらつき、7時にタクシー拾って苏州駅へ。

タクシーが拾いづらいのと渋滞を避けようと早めにタクシー拾ったけど、駅には10分ほどで着いてちょっと拍子抜け。も少し観前街にいたらよかったかな。

上海駅とは違い、苏州駅は少し狭くて候车室※9の椅子は満席状態。人々でごった返していた。

(小さく思えるけど、実際は人がもりだくさんでした)

駅の売店を少し見たりしてると、改札の時間。
中国の鉄道は入口で切符見せて、中の待合室に入って改札時間を待つのだ。
列車の便によってホーム入口が分かれてるけど、上海行きは乗る人が多いからか2つ入口が
開いて改札で切符にしるし入れてもらった。

7:45、苏州発。行きと同じ新幹線のような車両。30分で上海到着!
駅の売店で地図と時刻表を買った。

(上海駅で撮影した帰りの列車)

こんなに早く着くと思ってなかった。友人に切符を取ってもらい発車時間を聞いた段階で、上海に戻るのは遅くなるだろうと思っていたから助かった。

翌日、効率よく時間を使えるように、着後地下鉄乗って黄陂南路※10下車。

(地下鉄ホームで撮ったジェイの広告

上海の人気スポット新天地があるのだ。

この辺りは昔、中国共産党の第1回全国代表大会が開かれた住居(中共一大会址※11があるのみだった。そのまわりにおしゃれなお店が入ったレンガの建物が並んでできたのが
「新天地」だ。
新天地の中で晩ご飯。ちょっとフンパツ。雰囲気もよくて、おいしかった。

食後は、新天地の中を散策。欧米人の姿が目立って、一瞬外国(欧米)に来たような錯覚に
陥った。
後から新しもの好きな上海の若者や観光客の団体がどっと入ってきてにぎやかだった。

ご飯おいしかったけど、ここでは雑貨や服には手を出せず・・・。
次の日は終日上海だし、ゆっくり散策後タクシー拾ってホテルへ戻った。

-音と意味など-
※1 ベイダーバォエンスー
※2 スンチュェン:三国時代、江東を支配しのちに呉の皇帝となった武将。
※3 ベイスーダー
※4 ヂュゥォヂョンユエン
※5 シーヅーリン
※6 リンチィェン:小銭
※7 ビールーチュン:緑茶の名前。お茶についてはコチラをどうぞ
※8 ロンジンチャー:緑茶の名前。お茶についてはコチラをどうぞ
※9 ホゥチャーシー:待合室。
※10 ホヮンピーナンルー:地下鉄の駅名。
※11 ヂョンゴンイーダーフィヂー

-関連記事-
上海旅行紀 -2007年11月24日 苏州 留园・观前街・山塘街-
上海旅行紀 2007年11月24日 苏州 虎丘と寒山寺-
上海旅行紀 -2007年11月24日 苏州・序-
苏州一天游中国語フォントGB2312でどうぞ
上海旅行紀 -2007年11月23日-

※ランキング参加中!!清きクリックお願いいたしますm(_ _)m
22:00:48 | 中国かこ旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<上海旅行紀 -宿泊先- | ホーム | エンゲージリングな話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigu0415.blog5.fc2.com/tb.php/947-dc313bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。